パイガオポーカー

  • follow us in feedly

バイガオポーカーは、ジョーカーを含む53枚のカードを使用し

ジョーカー「A」の代わりにするか、又はストレート、フラッシュ、ストレートフラッシュ、ロイヤルフラッシュを揃えるために、足りないカードの穴埋め用としてのみ使えます

ディーラーはバンクと呼ばれ、バンクと1対1の勝負をします


バイガオポーカーの勝敗

7枚のカードが配られ、その中から5枚手役(ハイハンド)と2枚手役(ローハンド)分けます

このときカード5枚の手役が、カード2枚の手役より強くなければなりません

プレーヤーの5枚のハイハンドと、バンクの5枚のハイハンドを比較します

プレーヤーの2枚のローハンドと、バンクの2枚のローハンドを比較します

バンクに勝利
5枚、2枚のカードの手役、両方とも勝てば勝利となります
賭け金の中から5%の手数料を取られます

バンクとの引き分け
1勝1敗の場合は引き分けとなります
賭け金は戻ってきます

バンクに負ける場合
5枚、2枚の両方の手役が負けた場合、又はプレイヤー、バンクの手役が全く同じ場合は、コピーと呼ばれ、この場合はバンクの勝ちとなります

このゲームは、引き分けが多いのが特徴です


バイガオポーカーの手役の強い順

5枚の手役の場合は、通常のポーカーと同じです

Aのファイブカード(ジョーカー1枚プラス)
ロイヤルフラッシュ
ストレートフラッシュ
フォアカード
フルハウス
フラッシュ
ストレート
スリーカード
ツーペア
ワンペア
ノーペア(A・K・Q・J・10・9・8・7・6・5・4・3・2の順)

2枚の手役は下記のみで、カードのランクが強いペアが勝ちとなります
ワンペア
ノーペア

バイガオポーカーは、7枚のカードをどのように組み合わせるかが一番大事ですので、どちらかと言うと上級者向きと言えます



  • follow us in feedly

サブコンテンツ