レッドドッグ

  • follow us in feedly

レッドドッグとは、中央部分に、2枚のカードが配られ、3枚目に配られるカードが、最初に配られた2枚のカードの数字の間に入るかどうかを賭けるゲームです。

オンラインカジノでは、結構見かけるゲームで、単純でシンプルなゲーム内容が受けています


レッドドッグのルール

ベットをすると、2枚のカードが表向きで配られます

その2枚のカードを見て自信があれば、さらに最初のチップと同額のチップを賭ける(レイズ)事が出来ます

カードの数え方
カードはAが1番強く、1番弱いのは2となります。
2~Kはそのままの数字で、Aは14として数えます

スプレッド
2枚のカードの数字の間の事をスプレッドと言います。そのスプレッドの幅の大きさに応じて配当率が決まります

この場合は、スプレッドが3ですので2to1(チップ1枚に対して2倍の配当)となります

コンセクティブ
2枚のカードの数字が並びとなっていて間がない事をコンセクティブと言います。この場合は引き分けとなり、チップは返還されます

ペア
2枚のカードが同じ数字だった場合、引き分けとなりますが、3枚目のカードも同じカードが出れば、スリーカード(レッドドッグ)として12倍の配当になります


レッドドッグの配当

2枚のカードが配られると、配当の所にマークが付きます

レッドドッグ(スリーカード):11to1
スプレッド1:5to1
スプレッド2:4to1
スプレッド3:3to1
スプレッド4:2to1


  • follow us in feedly

サブコンテンツ